女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画

 女性の個性と能力が十分に発揮できる社会を実現するため、女性の活躍推進に関する責務を定めた「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」が制定されました。
 当JAでは、女性が活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1. 計画期間

 平成30年4月1日から平成32年3月31日まで

2. 当JAの課題

 管理職(課長・支所長以上)に男性が多い

3. 目標

  • 管理職(課長・支所長以上)に占める女性割合を15%以上(現状10%)にする。
  • 育児休暇取得後の女子職員の待遇等の見直し(給与1号俸UP)

4. 取組内容と実施時期

取組1

 人事考課を平成29年より試験的に実施し、平成30年は評価者の研修に力を入れ、より明確に人事考課を行う。又、職員間のモチベーション向上のためにも周知徹底を図る。

取組2

 職員資格認証試験を含めた資格試験への積極的受験を促し、合格をサポートする。

  • 平成30年4月〜 職員資格認証試験受験対象者で未取得者を抜粋し、積極的な受験を呼びかける。
  • 平成30年4月〜 資格取得に向け通信教育の受講、研修会を開催し合格をサポートする。
取組3

 育児休暇改正により育児休暇取得後、職場復帰の女子職員が働きやすい環境となるようサポートを徹底する。

PAGE TOP