先輩職員の声

 JA南アルプス市で働く若手先輩職員に、実際に働いて感じるJA南アルプス市の魅力や、これからJA南アルプス市で働くことを希望する後輩へのメッセージを聞いてみました。

2018年4月入組

金融担当 小澤(2018年4月 入組)

日々感じていること

 仕事は1人でやるものではなく、職場の皆で助け合いながらやるものだということを感じています。正確さが求められる仕事のため、複数の人が目を通すことで仕事の精度が上がるからです。また、仕事をする上で先輩方の考え方やアドバイスは問題解決の役に立つことが多く、とても助かっているからです。

後輩へのメッセージ

 地域の人達と接する機会が多いため、どのような暮らしをしているのかが分かります。そのため、地域の問題を解決出来るやりがいのある仕事です。職場の先輩方も優しく、質問や考えに耳を傾けてくれ、働きやすい職場です。ぜひ一緒に働いてみませんか。

購買担当 名取(2018年4月 入組)

日々感じていること

 今はまだ分からないことが多いので、職場の皆さんに助けてもらいながら仕事をしていますが、1日でも早く手助けがいらない様に精進していかなければと思っています。

後輩へのメッセージ

 分からない事ばかりだと思いますが、組合員の方も職員の方も良い方々で気軽に相談出来るので、消極的にならず、フットワークを軽くして、明るく元気に頑張りましょう。

渉外担当 東谷(2018年4月 入組)

日々感じていること

 どの仕事でも同じように言えることですが、日々勉強で、学んでいこうという能動的な姿勢がとても大事だと実感しています。お金を預かる仕事なので、その責任も常に感じています。

後輩へのメッセージ

 JAに入るという事は、地域の方々と接するということです。多くの方々と、様々なことを話すことが出来るということは、自身をより一層深めるための一助になると思います。迷っている方は、是非とも一歩踏み出してみてください。

金融共済担当 清水(2018年4月 入組)

日々感じていること

 業務の内容を覚えること、新しいことを学んでいくことの大変さを日々感じています。実際に窓口に立っていると、正確な業務に加え、お客様一人ひとりの顔をしっかり見てやりとりを交わすことの大切さに気付かされます。

後輩へのメッセージ

 お客様との距離が近く、いろんな人がいるので大変なこともあります。その分、自分の見聞が広げられる職場でもあります。一緒に頑張りましょう。

2017年4月入組

金融共済担当 氏原(2017年4月 入組)

金融共済担当 氏原

日々感じていること

 私が担当している金融共済業務は、多種多様な業務があります。
 お客様の要望に応えるため、先輩などの力を借りながら、日々刺激を受けながら業務にあたっています。

後輩へのメッセージ

 農協は地域との関わりがとても強く、地元住民の方と接する機会が多い職場です。
 自分の業務が地元住民の方々の役に立っているということを日々感じることができるのが魅力で、地域貢献に携わることのできる素晴らしい業務だと感じています。
 また、周りの先輩方もとても良くフォローして下さり、働きやすい環境です。

金融共済担当 石川(2017年4月 入組)

金融共済担当 石川

日々感じていること

 窓口として働き始めて数カ月たちましたが、金融・共済共に、まだまだ分からない事が多く、お客様からの要望に対し、先輩方の力を頼り業務にあたっています。

後輩へのメッセージ

 JAということで地元の方々との関わりが深い職場だと感じています。
 職場の先輩方やお客様との距離も近く和気あいあいとした雰囲気が魅力の職場です。

販売担当 横澤(2017年4月 入組)

販売担当 横澤

日々感じていること

 農協に入組してから常日頃疑問に思っているのですが、他部門の知識も必要になり、苦戦しています。先輩や同僚に教えてもらいながら違う部門の知識習得にも挑戦しています。

後輩へのメッセージ

 農業に興味のある方、将来農業に携わりたい方はもちろん興味を持っていただければと思いますし、地域密着型の職種ですので、多くの人と関わりたい方、地域のために貢献したい方にも、是非興味を持っていただければと思います。

PAGE TOP