モモ

産地の特徴・歴史

モモ

 南アルプス市は山梨県の西側にあります。
 内陸性気候のため、寒暖差が大きく、果物の精算に適した気候の地域です。
 国内最大級の御勅使川(みだいがわ)扇状地の上にあるため、水はけが大変よい土壌です。
 これらの土壌や気候条件から山梨県内でも有数の果物作りに適した産地です。

 南アルプス市でモモの生産の歴史は古く、歴史ある山梨県の中でも、最初に生食用の桃を育成したのは南アルプス市と言われています。

 また、JA南アルプス市のモモは光センサーを使い、糖度や内部障害などを確認済み、安全・安心なモモを全国に届けています。

主な品種

日川白鳳 夢みずき 白鳳
あかつき アルプス美人 川中島白桃

収穫時期

露地栽培
日川白鳳 6月下旬~
夢みずき 7月上旬~
白鳳 7月中旬~
あかつき 7月中旬~
アルプス美人 7月下旬~
川中島白桃 8月上旬~

美味しいモモの見分け方

モモ

 大きくて丸いものがおすすめです!大きいものはそれだけ栄養が届いている証です。きれいな円形をしているモモは、ストレスなどを受けずに育った証拠です。

 赤くて表面に泡粒のような点の模様(果点)があるものがおすすめ!日光が十分にあたっている証拠です。

 また、葉っぱがこすれた痕があるものもお勧めです!風があたる外側の果物にしかつかないので、これも太陽が十分あたっている証拠です。

JA南アルプス市の一押し!

夢みずき

 高糖度のモモと大玉のモモを掛け合わせて生れた、高糖度で大玉のモモが「夢みずき」です。
 山梨県果樹試験場で浅間白桃と暁星を交配して育成した品種で、平成13年に品種登録された新しい品種のモモです。
 7月上旬から出荷が始まりますので、当JAの直売所やネットショップでお買い求めください!

購入はコチラ

モモの新着情報

PAGE TOP